【韓国】 教師に暴行・セクハラ、「恐怖の小がく生」急増 5年で3倍~小さい頃から暴言や暴力に接する機会増え[09/24]

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537846643/

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/25(火) 12:37:23.42 ID:CAP_USER

http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2018/09/21/2018092101813_0.jpg

 昨年5月に京畿道のある小学5年の教室で男子のじどうが授業中に騒ぎ立てた。40代の女性教師Aさんが「静かにしなさい」と注意すると、じどうはかえって「授業に関する話だったのに、どうして注意されなければならないのか」と、Aさんをにらみ付けた。これに対し、Aさんが叱り付けると、じどうは「きさま!」と大声で叫びながら近寄ってきて、Aさんの顔を拳で殴った。慌てたAさんは教室の中に設置されていた電話機に手を掛けようとすると、じどうが電話機のコードを引っ張り、床に投げ付けた。この一連の出来事を同じクラスのじどうたちは全て見守っていた。

 Aさんは歯にひびが入り、打撲を負ったものの、物理的苦痛よりも精神的なショックの方がより大きかった。ストレスでうつ病になった。じどうの父兄は謝ろうとしなかった。「息子が普段からAさんのせいでストレスを受けていたことが、そもそもの原因」と主張し、息子を理解してくれるよう求める嘆願書を周囲の父兄から集め、学校に提出した。Aさんはじどうの家族を相手取って民事訴訟を起こし、最近父兄から1500万ウォン(約150万円)の賠償金を受け取った。

 教師を殴り、暴言を吐く小がく生が増えている。これまで教師に対してこうしたことを行うのは主に体格の大きな中高生たちだったが、年々「恐ろしい小がく生」が増えているのだ。

■教師を殴る小がく生の人数、高校生を上回る

 8月30日、共に民主党のパク・チャンデ議員が教育部から受け取った「最近5年間の教権侵害現況」と題する資料によると、小がく生が教師に対し、殴ったり暴言を吐いたりセクハラしたりする「教権侵害」が大幅に増えていたことが分かった。小がく生による教権侵害件数は、2013年の58件から17年には167件とざっと3倍に膨らんだ。同期間に中がく生による教権侵害件数は3分の1(2937件から1008件)、高校生による教権侵害件数は2分の1(2567件から1391件)に減ったのとは対照的だ。件数そのものは相変らず中高生が多いものの、増加率やそのスピードは小がく生の方が大きい。

 特に小がく生が教師を殴った「暴行」件数は、2013年に6件にすぎなかったものの、昨年は36件と6倍に増えた。これは、同年に高校生が教師を殴った件数(34件)よりも多い。教師に暴言を浴びせるケースも5年で2倍以上となっている。(19件から40件)
(中略:■じどうを恐れる教師■じどうたちの間でも暴力)

■小がく生はなぜこうなってしまったのか

 小がく生による暴力行為が増えたことは、全般的に生徒たちの身体の発育が早くなった上、ユーチューブなど扇情的で暴力的なコンテンツに幼少時から容易に接するようになったことが少なからず影響を与えている、といった見方が多い。韓国教員団体総連合会(韓国教総)のイ・ホジュン教権強化局部長は「最近小がく生たちもスマートフォンを多用するようになったが、暴言や暴力が何気なく使用されている動画に幼いころからさらされている」と説明する。最近教師や父兄の間では、「中2病」(思春期が始まる中2のころに攻撃的な態度が顕著になる現象)ではなく、「小4病」といった単語まで聞かれるようになった。

 仁川市で小学5年を担当している教師のキムさん(は「子どもたちの行動を指摘すると、『だからって何ですか。殴ろうとでも言うんですか』といった具合にちゃかし、SNS(会員制交流サイト)に担任の悪口を書き込む子どもたちがあまりにも多く見受けられる。中高生はそれでも遂行評価(提出課題)や学生部記録(通知表のようなもの)があり、ある程度統制できるが、小がく生は統制するすべがほとんどない」と肩を落とす。

 法務法人「現在」のチョン・スミン弁護士は「以前までは小がく生のちょっとした反抗程度に受け止められてきた問題も、今では父兄やじどう、教師までが敏感に感じだしたことで、全般的にも以前より苦情が増える傾向にある。特に小がく生の場合は、まずは親が敏感に受け止め、正式的な手段に乗り出そうと積極的な介入を見せるケースが多いため、暴力に対する苦情件数は中高生よりも急速に増加している」と説明した。

パク・セミ記者 , ヤン・ジホ記者

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<教師に暴行・セクハラ…韓国で「恐怖の小がく生」が急増>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/21/2018092101849.html

関連スレ:【話題】在日コリアン小がく生ら355人が韓国ソウルで体験学習 母国の歴史・文化学ぶ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1532913459/
【韓国】「ののしり言葉」を乱用する韓国の小がく生[08/26]
https://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1345960919/


[ 2018/09/25 22:26 ] 韓国話題 | TB(-) | CM(0)

【韓国】「ゲームと現実(リアル)を混同」~父親を凶器でさしたゲーム中毒の30代[09/25]

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537840374/

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/25(火) 10:52:54.31 ID:CAP_USER

秋夕(チュソク)に父親を凶器で刺して、祖母を押し倒した30代が警察に捕まった。

全北(チョンブク)井邑(チョンウプ)警察署は24日、尊属傷害の容疑でA容疑者(36歳)に対し、逮捕状を請求する予定だと明らかにした。

(え)
no title

▲ 聯合ニュース

A容疑者はこの日の午後2時42分、井邑市のとある住宅の庭で父親のBさん(61歳)の肩とわき腹を凶器で刺した疑いを受けている。父親と口論をしたA容疑者は、家にあった凶器を持ち出して犯行を起こした。

Bさんの友人である同じ村の住民の申告で出動した警察は、A容疑者を現行犯で逮捕した。当時、A容疑者は両手に凶器を持ったまま、庭先で倒れていた父親の脇に立っていた。

凶器1本を犯行に使い、もう片方の1本は父親を威嚇するために使ったと警察は説明した。

父親は近くの病院で治療を受けていて、生命に支障はない事が分かった。

A容疑者に押し倒された祖母のCさん(89歳)も病院で治療を受けている。警察はゲーム中毒のA容疑者が、父親が自分を傷つけるのではないかという妄想に捕らわれ、犯行を起こしたのではないかと見ている。

警察はA容疑者や目撃者などを相手に事件の経緯を調査している。

ソース:NAVER/ソウル経済(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=011&aid=0003402227


[ 2018/09/25 19:20 ] 韓国話題 | TB(-) | CM(0)

【古森義久のあめりかノート】 中国の対米工作「統一戦線」が浮き彫りになり、米国の対中態度が歴史的変化[09/23]

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537750366/

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/24(月) 09:52:46.44 ID:CAP_USER

no title

▲トランプ米大統領(右)と中国の習近平国家主席=2017年4月、米フロリダ州パームビーチ(ロイター)

 「これまで考えられなかったことが実際に考えられる状態となりました」
 最近の米国の中国への政策や態度の変化を評して日系米国人学者のトシ・ヨシハラ氏が語った。米海軍大学教授として長年、米中関係を研究してきた専門家である。そのとおりだと実感した。

 最近のワシントンでは官と民、保守とリベラルを問わず、中国との対決がコンセンサスとなってきた。トランプ政権の強固な立場は昨年末に出た「国家安全保障戦略」で明示された。要するに中国は米国だけでなく米国主導の国際秩序の侵食を目指すから断固、抑えねばならないという骨子である。年来の対中関与政策の逆転だった。

 ワシントンではいま中国に関して「統一戦線」という用語が頻繁に語られる。中国共産党の「統一戦線工作部」という意味である。本来、共産党が主敵を倒すために第三の勢力に正体をも隠して浸透し連合組織を作ろうとする工作部門だった。

 「習近平政権は米国の対中態度を変えようと統一戦線方式を取り始めました。多様な組織を使い、米国の官民に多方向から働きかけるのです」
 米国政府の国務省や国家情報会議で長年、中国問題を担当してきたロバート・サター・ジョージワシントン大学教授が説明した。

 そんな統一戦線方式とも呼べる中国側の対米工作の特定部分がワシントンの半官半民のシンクタンク「ウィルソン・センター」から9月上旬に学術研究の報告書として発表された。米国全体の対中姿勢が激変したからこそ堂々と出たような内容だった。

 「米国の主要大学は長年、中国政府工作員によって中国に関する教育や研究の自由を侵害され、学問の独立への深刻な脅威を受けてきた」
 こんなショッキングな総括だった。1年以上をかけたという調査はコロンビア、ジョージタウン、ハーバードなど全米25の主要大学を対象としていた。アジアや中国関連の学術部門の教職員約180人からの聞き取りが主体だった。結論は以下の要旨だった。

 ・中国政府の意を受けた在米中国外交官や留学生は事実上の工作員として米国の各大学に圧力をかけ、教科の内容などを変えさせてきた。
 ・各大学での中国の人権弾圧、台湾、チベット自治区、新(しん)疆(きょう)ウイグル自治区などに関する講義や研究の内容に対してとくに圧力をかけてきた。
 ・その工作は抗議、威嚇、報復、懐柔など多様で、米側大学への中国との交流打ち切りや個々の学者への中国入国拒否などを武器として使う。

 この報告の作成の中心となった若手の女性米国人学者、アナスタシャ・ロイドダムジャノビク氏はこうした工作の結果、米国の大学や学者が中国の反発を恐れて「自己検閲」をすることの危険をとくに強調していた。こうした実態は実は前から知られてきた。だがそれが公式の調査報告として集大成されて発表されることが、これまでなら考えられなかったのだ。

 いまの米国の対中態度の歴史的な変化の反映だといえよう。さて、わが日本でのこのあたりの実情はどうだろうか。(ワシントン駐在客員特派員)

ソース:産経ニュース【古森義久のあめりかノート】中国の「統一戦線工作」が浮き彫りに
https://www.sankei.com/world/news/180923/wor1809230012-n1.html


[ 2018/09/25 06:14 ] 米中関係 | TB(-) | CM(0)

【朝鮮日報】 韓流ドラマで話題の「日韓議定書」って何? [09/24]

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537747016/

1: 荒波φ ★ 2018/09/24(月) 08:56:56.77 ID:CAP_USER

no title


すさまじい剣幕の日本の浪人が、韓国の外部大臣・李址鎔(イ・ジヨン)の首に刀を突き付けている。日本の林権助公使は「文書に署名しろ」と脅している。9月9日に放送されたtvNのドラマ『ミスター・サンシャイン』第20話の一場面だ。文書は1904年2月23日に締結された「日韓議定書」で、放送直後、インターネットのリアルタイム検索語ランキングにも登場した。これほど話題になる日韓議定書、一体どういう文書だからなのか。

「朕は事実上日本人の捕虜になり、権力を行使するあらゆる機会を奪われた」。ソウルを脱出するロシア公使パブロフに向かって、高宗は嘆いた。条約締結15日前に日露戦争が始まり(1904年2月8日)、その翌日、日本はソウルを占領した。大韓帝国の中立宣言が紙切れと化した状況で、日本は韓国を戦争の基地にするための条約を強要した。それが日韓議定書、別名「甲辰勒約(ろくやく)」だ。

大臣の首に刀まで突き付けたというドラマの設定はやり過ぎだ。外部大臣・李址鎔は既に日本に買収された親日派だった。だが韓国政府に対する大変な圧力があったことは明らかだ。議定書締結に反対した度支部(財務省に相当)大臣・李容翊(イ・ヨンイク)など高宗の側近らは日本に拉致されていた。

議定書の内容は、一言で表現すれば「総合占領セット」だった。

第1条「大韓帝国政府ハ大日本ヲ確信シ施政ノ改善ニ関シ其ノ忠告ヲ容ルル事」(お前らの内政は今からわれわれが押さえる)、第4条「第三国ノ侵害ニ依リ若クハ内乱ノ為メ大韓帝国ノ皇室ノ安寧或ハ領土ノ保全ニ危険アル場合ハ大日本帝国政府ハ速ニ臨機必要ノ措置ヲ取ルヘシ」(韓国の領土を軍事的に征服しても文句を言うな)、第5条「後来本協約ノ趣意ニ違反スヘキ協約ヲ第三国トノ間ニ訂立スル事ヲ得サル事」(お前らはもう外交のようなものはしなくていい)というものだった。

ところが、当時のソウルの雰囲気は特異だった。

安重根(アン・ジュングン)は「韓国人は(日露戦争で)日本の勝利をまるで自国が勝利したかのように喜んだ」と回顧し、南宮檍(ナムグン・オク)は「開戦当初、老若男女は日本兵を歓迎し、家族やきょうだいが再会したかのようだった」と記した。

まだ日本の侵略の本心に気付いていなかった韓国人の間では、「黄色人種が団結して白人列強を倒そう」という論理が一部受け入れられていたのだ。その甘い歓迎ムードの中で日本があらわにしたのは、東洋平和の旗印ではなく、やいばを研いだ侵略のあいくちだった。


2018/09/24 05:05
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/21/2018092101722.html


[ 2018/09/25 01:14 ] 韓国芸能 | TB(-) | CM(0)