【ムンジェノ○○○】「雇用寒波」が庶民に集中…8月の臨時・日雇い労働者24万人減少

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537200991/
【ムンジェノ○○○】「雇用寒波」が庶民に集中…8月の臨時・日雇い労働者24万人減少
1: 動物園φ ★ 2018/09/18(火) 01:16:31.92 ID:CAP_USER

2018年09月17日10時37分
[? 中央日報/中央日報日本語版]

「雇用大惨事」の衝撃が脆弱階層に集中している。韓国経済の全般的な雇用創出能力が大きく落ちた中、特に庶民が多い臨時・日雇い労働者の減少が目立つ。所得主導成長政策を通じて庶民の所得を増やすることで内需を活性化するという政府の目標とは全く違う現象が表れている。

統計庁によると、8月の賃金労働者のうち臨時職労働者の就業者数は前年同月比18万7000人減、日雇い労働者は5万2000人減となった。臨時職は2016年9月から24カ月連続の減少、日雇いは昨年11月から10カ月連続の減少だ。特に臨時職の場合、今年5月から4カ月連続で就業者数が前年同月比で10万人以上も減少している。

臨時労働者は雇用契約期間が1カ月以上1年未満、日雇い労働者は1カ月未満の労働者をいう。それだけ脆弱階層が多い職場だ。雇用契約期間1年以上の常用職の雇用が前年同月比で27万8000人増えたのとは対照的だ。

業種別に見ても庶民が多いサービス従事者(2万9000人)、販売従事者(8万4000人)、単純労務従事者(5万人)など就業者が大幅に減った。飲食店の従業員、小売店のレジ、工場の単純労務者などの職場がこの1年間にかなり消えたということだ。庶民層の雇用が大幅に減り、政府が出した今年の就業者増加予想値の達成も事実上不可能となった。政府は7月に発表した「2018年下半期経済見通し」で、今年の就業者は18万人増えると予想した。当初の政府の予想値(32万人)を14万人も下方修正したが、この数値も下回る可能性が高まっている。

統計庁によると、今年1-8月の就業者は月平均2673万7000人。前年同期に比べて10万7000人増加した。昨年1-8月は就業者が前年同期比で月平均33万5000人増えた。今年の月平均就業者の増加幅が18万人になるためには、9-12月の4カ月間の就業者が前年比で月平均32万5000人ずつ増加しなければいけない。しかし政府も短期間に就業者増加規模が昨年レベルに回復するのは難しいと見ている。金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官は13日、あるテレビ番組に出演し、「9月を含めて短期的に雇用指標が改善するのは難しいと考える」と述べた。

専門家らは景気不振の状況で最低賃金の急激な引き上げのような所得主導成長政策が庶民の職場をはじめとする全体の雇用減少を招いていると指摘する。建国大金融IT学科のオ・ジョングン教授は「臨時・日雇いおよびサービス従事者数が減った最も大きな理由は市場の状況を考慮しない最低賃金の大幅引き上げ」とし「当初の政策の意図とは異なる現象が表れているのなら、政府は政策の失敗を認めて方向を修正しなければいけない」と述べた。

https://japanese.joins.com/article/213/245213.html?servcode=300&sectcode=300


[ 2018/09/18 23:45 ] 韓国経済 | TB(-) | CM(0)

【聯合ニュース】 文大統領の支持率53.1% 6週連続下落し最低更新 [09/17]

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537153370/
1: 荒波φ ★ 2018/09/17(月) 12:02:50.70 ID:CAP_USER

青いグラフが文大統領の支持率、赤いグラフが不支持率(リアルメーター提供)=(聯合ニュース)
no title


【ソウル聯合ニュース】

韓国の世論調査会社リアルメーターが17日に発表した調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週に比べ0.4ポイント下がった53.1%となり、同社の調査で6週連続下落して就任後最低を更新した。不支持率は1.2ポイント上昇した41.7%だった。

調査は10~14日、全国の成人2504人を対象に実施された。

同社は文大統領の支持率下落の理由について、13日に発表した不動産対策に対し「税金爆弾」との指摘が出たことや、雇用動向発表後に一部の野党やメディアが文政権の経済政策「所得主導の成長」への攻勢を強めたことなどが影響したと分析した。

政党支持率は、2週連続で下落していた与党「共に民主党」が前週より0.1ポイント上昇した40.5%となった。最大野党「自由韓国党」は1.4ポイント上昇の20.9%で、3週ぶりに20%台を回復した。

「正義党」は0.5ポイント上昇の10.4%、「正しい未来党」は0.6ポイント下落の6.9%だった。「民主平和党」は2.4%だった。


2018/09/17 10:52
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2018/09/17/0900000000AJP20180917001000882.HTML



[ 2018/09/18 23:38 ] 韓国政治 | TB(-) | CM(0)

【中韓】 韓国の大学生に広がる「中国人嫌悪」―韓国メディア [09/17]

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537147409/

【中韓】 韓国の大学生に広がる「中国人嫌悪」―韓国メディア [09/17]
1: 荒波φ ★ 2018/09/17(月) 10:23:29.82 ID:CAP_USER

2018年9月16日、中国メディアの海外網によると、韓国・ソウル新聞はこのほど、中国人留学生の大量流入を受け、韓国の大学生の間で「中国人嫌悪」が広がっていると報じた。

韓国教育部の資料によると、今年の外国人留学生は14万2205人で、昨年から14.8%増加している。そのうち中国人留学生は6万8537人で、全体の半数近い48.2%を占めている。韓国政府は23年までに外国人留学生20万人誘致を目標にしている。地方のあまり名前の知られていない大学にとって、中国人留学生は大学を正常に運営するための「保障」になっている。

中国人留学生は授業で「忌避」の対象となっている。韓国の学生たちは、韓国語があまり上手ではない中国人留学生とのグループ活動を避けたがるという。韓国人学生からは「国文学専攻の授業で韓国語を知らない中国人留学生と同じグループにされ困り果てた」「中国人留学生と同じ組にされると、単位は放棄するしかない」などの声が上がっている。

一方で、中国人学生は「グループ作業の時、韓国語で上手に発表することはできないが、その分、資料調査に多くの努力を傾けている」などと述べている。

韓国中央大社会学科の申光栄(シン・グァンヨン)教授は、「文化の違いを理解する努力をすれば、中国人に対する先入観と偏見を消すことができる。同時に、自己中心的な思考を捨て、互いを理解する環境が造成されなければならない」と指摘している。


2018年9月17日(月) 10時10分
https://www.recordchina.co.jp/b644792-s0-c30-d0054.html

※ソウル新聞の記事(韓国語)
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20180911012013


[ 2018/09/18 05:27 ] 韓国と中国 | TB(-) | CM(0)

【中央日報】 経済成長も雇用は後退…韓国の雇用創出力は日本の8分の1 [09/17]

引用元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537146865/
【中央日報】 経済成長も雇用は後退…韓国の雇用創出力は日本の8分の1 [09/17]
1: 荒波φ ★ 2018/09/17(月) 10:14:25.48 ID:CAP_USER

韓国経済の雇用創出力が8年ぶりの最低水準まで落ちたという調査の結果が出てきた。

韓国銀行(韓銀)の実質国内総生産(GDP)資料と統計庁の経済活動人口調査によると、韓国の4-6月期の雇用弾性値は0.132だった。これは2010年1-3月期(0.074)以来8年3カ月ぶりの最低水準。雇用弾性値とは前年同期比の就業者増加率を実質GDP増加率で割った値で、数値が低いほど産業成長に比べて雇用が少ないことを意味する。

韓国の雇用弾性値は昨年10-12月期が0.356だったが、今年1-3月期は0.252、4-6月期は0.132に落ちた。こうした傾向が続く場合、今年の年間雇用弾性値も8年ぶりの最低水準となる見込みだ。年間雇用弾性値は2014年0.699、2015年0.395、2016年0.309、2017年0.400だった。

建設業、自動車産業など伝統的に雇用寄与度が高い産業の不振の影響が大きかった。今年4-6月期の成長率寄与度は建設業が-0.1%、運送装備製造業が-0.2%、宿泊および飲食業が0%だった。同じ期間、製造業の就業者は9万1000人減少し、宿泊および飲食業の就業者は4期連続でマイナスとなった。建設業だけ4-6月期の就業者が1万6000人増えた。

硬直した労働市場構造が雇用の創出を阻害するという分析もある。韓国開発研究院(KDI)のキム・ヒョンウク経済展望室長は「大企業の労働組合中心の労働市場構造を改革してこそ市場が弾力的に反応できる」とし「国が社会保障制度で後押ししながら(雇用による)企業の負担を減らす必要がある」と述べた。

韓国経済の雇用創出力は日本の8分の1、米国の2分の1水準と分析された。1-3月期の米国の雇用弾性値は0.492だった。就業者増加率1.62%をGDP増加率(3.30%)で割った値だ。米国経済の雇用創出力は韓国の1.95倍ということだ。日本の1-3月期の雇用弾性値は2.178と、韓国の8.6倍にのぼった。日本はGDPが1.02%増加する間、雇用は2.23%増えた。


2018年09月17日10時01分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/211/245211.html?servcode=300&sectcode=300


[ 2018/09/18 01:20 ] 韓国経済 | TB(-) | CM(0)