【ノーベル平和賞候補】英国BBC 「ブックメーカーは南北首脳がノーベル平和賞受賞すると予想」

引用元: ・【ノーベル平和賞候補】英国BBC 「ブックメーカーは南北首脳がノーベル平和賞受賞すると予想」

1: 極東の状況を憂慮する名無し 2018/10/02(火) 16:11:33.84 _USER9
英国BBCが韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長のノーベル平和賞受賞の可能性について報じた。

BBCは1日(現地時間)、「ブックメーカー(賭け屋)は韓半島(朝鮮半島)の緊張を緩和した文大統領と金委員長がノーベル平和賞を受賞するとみている」とし「トランプ大統領も候補に挙げられているが、ブックメーカーの予測が常に当たるわけではない」と伝えた。

これに先立ち、英国ブックメーカー「ナイサーオッズ(NicerOdds)」は文大統領と金委員長の共同受賞のオッズを最低1.53から最高2.20としている。また、ラドブロークス(Ladbrokes)も文大統領と金委員長の共同受賞のオッズを1.66と、最も高く予想している。金委員長とトランプ大統領の共同受賞の可能性も高い順位を記録した。

一方、今年のノーベル平和賞候補の受付は南北首脳会談と米朝首脳会談が開かれる前だった今年2月1日に締め切られている。したがって、文大統領、金委員長、トランプ大統領は候補に入らなかったとも言われている。

2000年、故金大中(キム・デジュン)元大統領が民主主義と人権、南北和解と平和のために努力した功労が認められ、韓国人で初めてノーベル平和賞を受賞した。平和賞は5日発表される予定だ。

2018年10月02日15時11分
中央日報
https://japanese.joins.com/article/700/245700.html?servcode=200&sectcode=200
no title

[ 2018/10/09 02:05 ] ノーベル賞 | TB(-) | CM(0)

【中央日報/社説】 「ノーベル賞強国」日本の科学政策を謙虚に学ぶべき [10/03]

1: 荒波φ ★ 2018/10/03(水) 10:38:13.94 ID:CAP_USER

本庶佑京都大特別教授が2018年ノーベル医学生理学賞の共同受賞者に選ばれ、日本のノーベル科学賞受賞者は23人になった。「科学強国」日本が改めて証明された。ノーベル科学賞受賞者が一人も出ていない韓国としては日本をうらやましく感じるしかない。

韓国はこれまで経済発展戦略で「追撃型」技術開発に集中し、日本に比べて基礎科学を軽視してきた。2000年代以降、「脱追撃型」に転換するために基礎科学に視線を向け始めた。この時からノーベル賞シーズンを迎えるたびに「ひょっとすると」という期待を隠していないが、短期間での成は期待しにくい。

専門家らは日本がノーベル科学賞受賞者を相次いで輩出する要因を大きく2つ挙げている。基礎科学に対する集中的な投資と長期間にわたり研究に没入できる文化だ。韓国で盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権、李明博(イ・ミョンバク)政権、朴槿恵(パク・クネ)政権に続いて文在寅(ムン・ジェイン)政権が基礎科学への投資を着実に増やしているのは良い方向だ。

問題は韓国では科学者が長期間にわたり一つの分野の研究に没頭するのが容易でないという現実だ。政権が交代すれば科学政策も変わる。政権が好む分野があればすべての研究が予算を確保するためにその方向に傾く。基礎科学への投資をいくら増やしてもこうした研究風土ではノーベル科学賞の受賞者を輩出するのは難しい。

本庶教授が「日本の基礎科学分野の若い人が元気づけられることを願う」としながら述べた所感は、ノーベル科学賞が空から落ちてくるのではないという点を悟らせる。

「物事に不可能はない。必ず道があるとの思いでやってきた」「時代を変える研究をするには好奇心、勇気、挑戦、確信、集中、連続が必要」「科学は多数決ではない。既存の概念を壊す少数派の中からこそ新しい成果が生まれる」。こうした研究文化は一日で築かれるものではない。

我々が依然として日本から学ぶべきことが多いことを見せている。日本をノーベル科学賞強国に導いた科学政策を謙虚な姿勢で学ばなければいけない。


2018年10月03日07時54分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/713/245713.html?servcode=100&sectcode=110
no title


[ 2018/10/03 23:19 ] ノーベル賞 | TB(-) | CM(0)